3学期始業式

明けまして、おめでとうございます。
冬休み、元気に過ごすことができましたか?
皆さんが、約束どおり、交通事故に遭うこともなく、大きな病気やけがをすることもなく、元気に3学期を迎えることができて、本当によかったです。
さて、令和3年がスタートしました。
新年、新しい年の始まりです。
“新しい”って、わくわくしませんか?
新製品とか、新発売とか、楽しみですよね。
毎日、同じように時間が過ぎ、日が暮れて、太陽が昇って、また次の日がスタートするのですが、新しい年になるというのは、大きな節目として、とても意味があることです。
とは言っても、時間には限りがありますね。
だらだら生活をしていたら、あっという間に3月になってしまいます。
そして、4月には、新しい学年になります。
そうなのです。
時間には、限りがあるのです。時間は待ってはくれません。
難しい言葉で言うと、時間は「有限」です。
新年度、学校が始まって、3月で進学や進級になるということは分かってはいますが、具体的にイメージができなくて、明日や来月、来年がくることが当然のように毎日を過ごしていると、時間はいつまでも続いていくように感じてしまうかもしれません。
しかし、時間は、「有限」なのです。無限にありません。
1日は、24時間、1年は、365日です。
では、皆さん、ここで考えてみてください。
毎日を目標もなく、ただ過ごしていた人と、そうでない人を比べてみたらどうでしょう。1年が経ってみると、その成長には大きな差が生まれてしまいます。
そうなのです。だから、今のこの時間を大切にして、いろいろな使い方をしないともったいないと思います。
それは、学校での勉強する時間、友達と遊んでいる時間、家族と過ごす時間、全てです。
また、このときに大切なことは、あと3ヶ月を一緒に過ごす友達に、何かあったときに感謝することを形にしていくことも忘れないでください。
 時間の使い方は、たくさんあります。
1日が24時間というのは、すべての人に共通ですが、時間の使い方は人それぞれです。自分自身で決めることができるはずです。やりたくないことをしかたなくやって過ごすことも出来るし、情熱をもって取り組めることを楽しむことも出来ます。
皆さんは、いかがですか。
校長先生は、皆さんに、自分らしい時間の使い方をしてほしいと思います。
今日は、その時間の使い方を考える節目の日となります。3月のまとめに向けて、どのように時間を使っていくのか、しっかりと目標を立ててください。一日一日を大切に使えるような目標がよいですね。
また、時間は、効率的に使うことも大切ですけれども、効果的に時間を使うことができると、もっと毎日が楽しくなります。
3学期という時間は、決まっています。その3ヶ月間をどのように過ごすかは、皆さん、一人一人が決めることです。ぜひ、来年度につながる3学期となるようにしましょう。
今日は、「時間は有限 使い方は無限」というお話をしました。
学年のまとめとなる貴重な3学期、先生のお話をよく聞いて、時間を工夫して充実した3学期になることを望んでいます。
校長先生のお話は、これで終わりです。

2021年01月13日