校長あいさつ            

            新座市立西堀小学校 校長 鈴木 勝

社会の変化に対応できる子供たちの能力の育成には

~ 「令和の日本型学校教育」の構築を目指して ~

西堀小学校のホームページをご覧いただきまして有り難うございます。

 私は、本校校長2年目になりました 鈴木 勝(すずき まさる)と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

今年、創立143年目を迎える本校は、新入生59名を迎え、児童数344名、学級数14学級、全教職員40名で、令和4年度のスタートを切ります。「やさしく かしこく たくましく」を学校教育目標に掲げ、「地域・保護者とともにあゆみ、あいさつと笑顔あふれる西堀小」を目指す学校の姿として、情熱と使命感にあふれた教職員が日々全力で教育活動に取り組んでまいります。

社会の変化に対応できる子供たちの能力の育成には、教師が児童に「理解させる」「覚えさせる」、いわゆる「教師主導型」の授業から、ICT環境を最大限活用し,「個別最適な学び」と「協働的な学び」を充実した授業への転換が必要となります。

子供の学びを進化させ、新しい時代に求められる資質・能力を子供たちに育み、学校で学んだことが、子供たちの明日、そして将来につながるものとなるように努めてまいります。また、目指す教師像を「WE ONLY DO POSITIVE!~児童の自己肯定感を高める教師~」とし、常にプラス思考の声がけを行うなど、ポジティブな行動支援に努めてまいります。

今後とも、保護者・地域の皆様の本校教育活動に対するご理解と温かいご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。