平成30年度 研究テーマ

「表現する力を育成する授業の創造」

平成30・31・32年度 新座市教育委員会委嘱
<学力向上> 表現する力を育てる授業の創造
研究概要
目指す児童像
自分の言葉で自分の考えをつたえ、相手を納得させることができる子

これまでの取組と成果

全校で、読売新聞埼玉版の「ひろば」「ジュニア文芸」の投稿に取り組んでいます。添削→推敲→清書を行い、作文をきちんと完成させるようにしています。読売新聞に掲載されると校長室前に飾り、採用されなかった場合でも通信などで紹介をしています。文章を書く力の向上につながる取組になっています。

     


7月12日木曜日 俳句教室
新座市俳句連盟の皆様をゲストティチャーとしてお呼びしました。56年生対象の俳句教室を行い、一人一人の俳句をご指導していただきました。俳句連盟の先生方、お忙しい中ご指導をありがとうございました。
「打ち水がピシャっと声をあげている」(朝日新聞さいたま局長賞)
「風ふけば大合唱の風鈴屋」
「夜の川ホタルでいっぱいうめつくす」
「いつの間に水着のあとがくっきりと」
「夏の川浅瀬に鯉を追いこめり」
「水鉄砲四方八方狙い撃ち」

     
本校では、伊藤園主催の「お〜いお茶新俳句大賞」に毎年応募をして、これまで多数の作品が入選しています。その創作活動への取組と功績が評価され、この度団体応募賞を受賞しました。副賞として、なんと新座市立東北小学校とプリントされた「お〜いお茶」をいただきました。
また第25回小中学生俳句コンクールにおいて2年連続で朝日新聞奨励賞(学校賞)を受賞、個人でも朝日新聞さいたま局長賞を始め多数入選しました。今後とも、俳句や作文など書く活動に積極的に取り組み、子供たちの表現力を磨いていく所存です。
       

10月23日 2年4組算数研究授業 鈴木和弥教諭
算数「形をしらべよう」。折り紙を用いて、正方形の特徴を探しました。子供たちは自分が気づいたことを、お友達に伝えようと頑張っていました。
授業後の研究協議会では、積極的な意見交換が行われ研修研鑽を深めることができました。
新座市教育委員会池谷ひろみ先生には、児童の目線に立った大変丁寧なご指導を賜りました。
       

11月19日 6年1組国語研究授業 根内憲重教諭
国語「鳥獣戯画を読む」を教材として論理的に文章を整理する学習活動を行いました。
研究協議会では、良かった点や疑問に思った点などの意見を出し合い、研修研鑽を深めました。
新座市教育委員会山崎孝雄先生には、授業を細かく分析をしていただき丁寧なご指導を賜りました。
       

12月3日 5年1組社会科研究授業 三五雄太教諭
社会「これからの工業生産とわたしたち」。自分たちが調べたことを元に意見を出し合い、「日本の工業生産を発展させるためにはどんなことが大切だろうか?」をグループで考えました。ジグソー法を用いて、話合い活動が活発に展開されました。
研究協議会では、教科グループごとに分かれ積極的な意見交換が行われました。
新座市教育委員会橋本一秋先生には、実践に即した丁寧なご指導を賜りました。
     


10月10日と12月6日 6年生 帝京大学とのコラボ授業
帝京大学より坂本喜代子先生とゼミの学生さんをお招きして、国語「ビブリオバトル(本の紹介のプレゼン対決)」のデモンストレーション授業を行いました。各自が推薦する本について、効果的な紹介の仕方についてレクチャーをしていただきました。その後予選会を行いクラス代表を選出しました。第2回の授業では、学生さんとの対決を行い、白熱したプレゼンが展開されました。

     
       

1月31日(木) 道徳研究授業3年2組と4年2組
県の「匠の技伝承事業」の一環として、3年2組及び4年2組で道徳の研究授業を行いました。放課後には教職員研究協議会を行い、積極的に意見や考えを出し合って研修を深めました。文教大学講師(元新座中学校長)の五十嵐由和先生には、実践に即した御指導を賜りました。ありがとうございました。

       
       

2月15日(金)4年4組理科研究授業 安住裕也教諭
単元が「水のすがた」。沸騰の実験結果の考察より生じた仮説を実証するために、
どのような検証実験をすればよいかグループで意見を出し合いました。
教育支援課長尾友一先生をお招きして、実践に即した丁寧なご指導を賜りました。

       


平成27・28・29年度 新座市教育委員会委嘱
「主体的に学ぶ子どもを育てる」〜国語科学習指導法の研究〜
研究概要
目指す児童像
@明確な課題意識や学習の見通しをもって学習に取り組むことができる。

A生き生きと楽しく国語の学習に取り組むことができる。

B国語の授業で学んだことを多くの場面で活用しようとすることができる。