平成24年3月26日
保護者 様
新座市教育委員会教育長
金子 廣志
新座市立第六中学校長
小松 敏彦

学校給食における放射性物質検査結果について

 福島第一原子力発電所の事故以来、新座市におきましても、11月から市独自に食材の放射性物質検査を実施しております。 2月からは、給食一食分をまるごと検査し、結果を市教育委員会ホームページ等で公表しています。
 また、3月からは、より精度の高いゲルマニウム半導体測定器(検出限界濃度:1Bq/Kg 程度) による検査も実施し、この度、検査結果が出ましたのでお知らせいたします。
 今後も、安全・安心な学校給食を提供してまいりますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。

1 一週間分検査

 一週間分(原則5食分)の提供食について、まるごと検査を実施しております。 検査機関に依頼し、ゲルマニウム半導体検出器による精度の高い検査を実施しています。
 月6校を検査し、4ヶ月で全校を一巡します。

単位:ベクレル/kg
給食
提供期間

学校名測定値(検出下限値)
放射性ヨウ素放射性セシウム134放射性セシウム137
3月12日

3月16日
東野小不検出(0.95)不検出(0.80)不検出(0.58)
栗原小不検出(1.0)不検出(0.90)不検出(0.99)
第六中不検出(0.89)不検出(0.83)不検出(0.90)
3月5日

3月9日
新堀小不検出(1.0)不検出(0.93)不検出(0.70)
新開小不検出(1.1)不検出(0.84)不検出(0.93)
新座中不検出(1.0)不検出(0.80)不検出(0.81)

検査委託機関:株式会社環境総合研究所
*ゲルマニウム半導体検出器のガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析
   検出下限値1ベクレル/kg程度
*不検出とは、検査機器で測定できる検出下限値未満であることを示します。
*検出下限値は、検査機器の性能、測定時間、測定の際の自然放射線量等によって異なります。

2 一食分検査

 一食分の提供食について、市が購入した検査機器によって、まるごと検査を実施しております。
 週2校を検査し、12週で全校を一巡します。

単位:ベクレル/kg
試料採取日給食提供日食数学校名測定値(検出下限値)
3月13日 3月13日西堀小不検出(20)
3月12日第五中不検出(20)

3 食材サンプル検査

 使用頻度が高く、かつ、使用量の多い食材のうち、東北・関東産を中心に検査を実施しております。 2月中旬以降は、市が購入した検査機器で検査しています。

単位:ベクレル/kg
試料採取日品目測定値(検出下限値)
3月13日 茨城県産豚肉 不検出(20)
埼玉県産根深ねぎ 不検出(20)
神奈川県産大根 不検出(20)
栃木県産もやし 不検出(20)

測定機器名:ベクレルモニターLB200(ベルトールドジャパン株式会社)
*不検出とは、検査機器で測定できる検出限界濃度未満であることを示します。
*当該機器は、核種分析を行えません。

新座市立第六中学校ホームページへ戻る